先輩職員の声

知立学園を知る
知立学園を選んだ理由

知立学園を選んだ理由

短大卒業後、新卒で入りました。
幼稚園の先生になりたいと思ったきっかけは、小学2年生の時に妹が生まれたことです。おむつを替えたりミルクをあげたりとお母さんのマネをするなかで、幼稚園の先生に憧れるようになりました。
実は私自身、知立学園グループの桜木幼稚園の卒園生です。
楽しい思い出がいっぱいで、母の話によると、登園を嫌がったことは1回もなかったそうです。

大人になり、自分が育った園に携わりたいという思いが出てきて、知立幼稚園で実習をさせていただくことになりました。
実習を通して先生たちの一生懸命な姿を見ることができ、より、ここで働きたいという思いが強くなりました。

知立学園を選んだ理由

仕事の魅力・やりがい

知立学園では、一つひとつの行事に力を入れています。
行事ごとに教えることが多く、準備は大変ですが、楽しみにしている子どもたちを見ていると頑張れます。運動会で頑張る姿には涙が出ますね。
業務が重なっても、園児が帰った後、すぐに作業を始めたり、物事をてきぱきと決めたりなど、効率よくできるように工夫しているので、残業は少ないです。

年少クラスでは、園児一人ひとりの個人差が大きいですし、はじめて経験することも多いです。子どもたちにとって“はじめての先生”として教えられる喜びがありますね。

年中クラスになると、身の回りのことが自分で一通りできるようになり、苦手なところがはっきりしてきます。
友達関係でのつまずきがあるので、年少さんとはフォローの仕方が変わります。
どの年代も、愛情をかけた分、成長した姿で返してくれるので、やりがいがあります。
先輩たちは自分のクラスの業務だけでなく、後輩の悩みを親身になって聞いてくださいます。
先生同士、居酒屋でご飯を食べたり、ビアガーデンに行ったり、焼肉やカラオケに行ったりなど、仲がいい職場ですよ。

メッセージ
保育士は持ち帰りの仕事があって大変だというイメージが強いですが、そんなことはありません。実習が大変だと弱気になりそうですが、先生という立場で関わると、気持ちがまったく違います。
子どもたちは、見守った分、成長した姿で返してくれますよ。
知立学園の先生たちはコミュニケーションを大切にしています。なにかあったら支え合うみんなの団結力が強いです!
今後の目標
いつかは年長クラスを担当し、運動会など年長児ならではの達成感を味わうという経験をしたいです。

高津先生の休日の過ごし方

友人と遊びに行く/夫と遠出

高津先生の休日

皆様にお会いできることを心より楽しみにしております!

就職見学会はこちら